梅雨の最中、雨の中でも釣り☆

2007年6月24日(日)

 雨が降るというこの日曜・・・
こんな雨降りなのに釣りに行くには とても奥の深い原因があった^^

榎本渡船では朝からサンライン大会
船長に土曜日 電話したら 大会やから「ゆっくり寝て
朝からおいでよ。」と・・・・
ということで 半夜釣りに決定!
朝8時過ぎから 梶賀に向かった。
 雨が降り 路面は濡れ コーナーで飛ばしすぎて突っ込むと
スピンしそうである。なんとか無事梶賀に11時到着
カップうどんを食べてレインスーツを着て11時50分出船した

船は 大黒方面に・・・
沖大黒で2人下ろして シゲ島に渡礁
一番先端に 釣り座をとった
本日の竿はおNEWの真っ赤でかっこいい派手派手モデルメガドライ
パワートルク2-5・3(これが使いたい為に 雨の日にもかかわらず
釣行することになったのである)
リールはリアル4・トーナメント競技2500LBD スプールはメガドライの竿や
リールにコーディネイトした感じの赤いアイズファクトリーの3000LBD
ラインはバリバスゼロフカセ4号 ハリスはブラックストリーム4号 
ハリは8号、ウキはプロ山元5Bだ。
釣りはじめて すぐにアタリが・・・
最初にあがってきたのは 20cmぐらいのベラ
それから 次に25gmのガシラ とりあえずキープ
魚は 活性しているようだ
アカジャコやキタマクラ そして・・・・
変なのがキタ
 40cmぐらいのアミウツボ
ウツボは歯が恐いので どうしようかと迷っていたら 自分で4号ハリスを
噛み切った
おぉ 恐~~~~
波がかぶってきたので 釣り座を移動した
向かいの島との水道で 仕切りなおし
餌が取られるから 何かが居ると思ってたら キタマクラ
いろいろポイントを探っていたら ウキが勢い良く沈んだ
タモを出して 取り込んだのは35cmのイガミ
その後は餌取りばかりが釣れるので 釣り座移動
前回 少し釣った地の地方向だ
ここで何回か餌取りを上げたあと 勢い良くウキが沈んで
取り上げたのは 28cmのメイチダイ
高級魚だぁ
途中 晴れ間が見えて 雨が上がったが また降り出して 気分が
落ちていた時だったから 随分 KIAIが あがった
でもその後 アタリがなく 納竿
この日 沖大黒に上がった人に51cmのグレが来た
帰りの船の中で 名古屋のO君が乗り込んできた
通しで来ていたらしい
イサギを何匹か釣ったとのことだ
話していて 「ブログ見ましたよ。」と・・・
このブログ 何人の釣り師が 見ているのか解らないが
いつも貧果でペコリペコリ^^;
そのうち うまくなってみせます(爆)
でも、磯釣り3年で最近は ボウズも少なくなったほう(ニヤリ
リールの話やいろいろしてるうちに 港に到着

港に帰って 雨降りなので港の屋根の下で着替えをした
その後 事件発生
シマノの偏光グラスを落とした
その辺探したり 船のほうに行ったり・・・・
30分ぐらい探しただろうか・・・・・・
仕方なく諦めて帰りに船長の奥さんに このことを伝えると
 船長を呼んでくれた
「おとうさ~ん、さっきのサングラスKOZOさんのやって~~」
船長は 「あれやったら そこの上に置いたで^^。」
行くとなくなっていた(泣
「誰かに聞いてみるわ」という言葉を聞き 帰りかけた時
「あったよ~。」

お礼を言って 帰路についた

帰りは バケツというより 池の水をぶっちゃけた位 大雨
北山食堂で 味セットを食べて本日も 満足の1日だった

次の日 朝 オレンジレンジャーのタニやんから電話が・・・
9月9日に全日本グレトーナメント(名前はこんな感じだったかな?)
の和歌山予選が出雲の磯であるから来ないかと・・・
もちろん 2つ返事で 「行くよ^^。」
トーナメントは 普通に釣る時と違い 緊張感や期待があり
テンションがあがる^^
優勝賞金200万 五島列島での決勝は 費用は全額負担

次回は頑張るぞと いつも心に決めているKOZOだった
画像


画像


">画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック